あなたは過去問(赤本)の使い方を間違えていないか?




過去問(赤本)は学力を伸ばす「教材」ではありません。

実際の入試問題が解けるかどうかを確認するためのものです。

自学自習は極めて困難です。過去問(赤本)で「得点力が上がる」ことはまずないです。「賢くなる」なんて夢のまた夢です。解説が簡潔すぎるからです(いい加減,適当と言ってもいいでしょう)。英語で言えば,本来は本文中の言い換え・対比表現を探したり,文法・語法の知識を使って意味を類推するべきところでも「この単語はこの意味!」としか書かれていないのが普通です。これでは勉強になりません。過去問を解いてみて合格ラインに届きそうにないのであれば,身近にいる信頼できる先生に何をするべきか相談してください。

過去問(赤本)は「実際の入試問題が解けるかどうかを確認するためのもの」と書きました。しかし,記述問題の自己採点は普通の受験生には不可能です。身近にいる信頼できる先生に添削してもらってください。この時期ですから「図々しく」お願いして構いません。