夏の高3マーク模試で危機感を持った君たちへ




英語(筆記)で200点満点中100点未満だった人は、たぶん語彙力が足りていません。それも、『シス単』とか『ターゲット』みたいな「大学受験で定番の単語帳」よりも簡単な単語が抜けている可能性が高いです。中学レベルの単語が抜けているということです。夏休みの間に霜康司『システム英単語 中学版』(駿台文庫)組田幸一郎『高校入試 短文で覚える英単語1900』(文英堂)のどちらかを例文ごと丸暗記しましょう。英語は理屈がどうのとか言っている段階ではありません。とにかく覚えないことには始まりませんから。

160点未満だった人はたいてい並べかえ問題で時間をロスしていて、かつ1、2問間違えてしまっています。逆に安定して8割以上を得点できる人たちは、並べかえ問題は2分くらいで全問正解しています。英語は語順が命の言語ですから、並べかえ問題で語順感覚を身につけると読解のスピードも正確さも向上しますし、英作文でもより正確に書けるようになります。田中健一『英文法基礎10題ドリル』(駿台文庫)をこの夏のうちに仕上げてください。同時に仲本浩喜『仲本の英文法倶楽部』(代々木ライブラリー)にも取り組みましょう。

160点以上取れたけどまだまだ不安な、もっと賢くなりたい人佐藤進二『英文法・語法良問500+4技能 整序英作文編』(河合出版)伊藤和夫『英語構文詳解』(駿台文庫)に取り組みましょう。特に後者を仕上げると受験英語の世界では「変態」の称号を獲得できるくらいの実力者になれます(ただし、挫折率は高めです)。

センター英語(筆記)は特に「読解法」とか「長文問題のコツ」などは必要ではなく、単語帳をしっかりと覚えて基本的な文法知識を身につければ簡単に満点近く取れるようになります。この夏の皆さんの頑張りに期待しています。