英語は読解できなければ意味がない!




本日は、春から大学生の皆さんにお薦めの本を紹介します。

受験英語で身につけた読解力を維持・伸長するために、おすすめなのが

『越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文』

越前先生は『ダ・ヴィンチ・コード』や『オリジン』の翻訳家としてあまりにも有名です。

「僕は駿台予備校【ママ】に2年かよっていて、英語については故・伊藤和夫先生に教わりました」

とおっしゃる越前先生の解説は、特に駿台生にはなじみやすいものになっています。

また、越前先生は

「『英語構文詳解』は(中略)〈英語は左から右へ読む〉という伊藤先生の考え方がいちばんしっかり説明されているのは実はこの本なんだと気づかされました」

ともインタビューでおっしゃっています。

私は越前先生の本を拝読するまで『英語構文詳解』はノーマークでした。越前先生がこれほどまでにおっしゃるのだからと一読してみて、これは実にいい、しかし大半の受験生にとっては難しいと感じました。この感想が後に私の人生を大きく変えるきっかけになるのですが、その件についてはこちらを御笑覧ください。