著者自作自演インタビュー(2)




前回のインタビューはこちら

ーー授業プリントが元になっているそうですが。
「元になっているプリントはあるけど、編集者さんのおかげで完全に別物になっているよ。いい意味でね。このプリントは授業の補助教材として使っていたやつなんだけど、中毒性が高いみたいで、部活帰りでヘトヘトになっている高校生が休み時間を潰して取り組んでいたり、中には俺が目の前で話しているのに、無視して解き始めるやつがいる(苦笑)。複雑な気持ちだよね、これ」

ーー前著はたくさんのアイドルに配ったそうですね。
「そうだったねえ。矢倉楓子さんとか、松井玲奈さんとか。合計30人以上にはプレゼントしたんじゃないかな。懐かしいね。今回はアイドルさんには献本しないつもりだった」

ーーえ、どうしてですか。
前回は認知を得る道具として名刺代わりに配っていたかんじなんだけど、今回は、学校採用とかで既に使ってもらっていて、『英文法基礎10題ドリル』って知ってる? 学校でやってます、 あれね、実は俺が書いたんだ、えーっ!、みたいなのをやってみたかったんだ」

ーーちょっと意味がわからないです。
ヲタクってのはそういうもんなんだよ」