和歌山会場の皆さんへ




本日はご参加ありがとうございました。

お話しした内容の復習に、この記事この記事をお読みいただくといいかと思います。

以下、補助教材の訳例と簡単な解説です。

(1) 暴力によって難民の波はその国から逃げて行った。(cause O to (V)等)

(2) ヒナコは決して自分の責任から逃げなかった。(run away from A等)

(3) アンナは自分が映画スターだと思い込んでいる。(regard A as B等)

(4) 一度夫と子どもを手にしてしまうと,仕事は簡単ではなくなった。(provide A with B等)

(5) 王はすべての富と権力を奪われた。(rob A of B等)

(6) ケイジが喧嘩を心待ちにしているのは明らかだった。(long for A等)

(7) ツグミに何が起きたのか知らせるのは正しいと思った。(inform A of B等)

(8) 彼らは他の会社がすぐにアイディアを真似るだろうと推理した。(think that SV等)

(9) クミはいつもベンを「あのいい男」と呼んでいた。(regard A as B等)

(10) 彼らはとうとうタカハシ氏が恥ずかしくなってお金を返済するよう仕向けた。(talk A into (V)ing等)

(11) 表情から,彼女が怒っていると推測した。(find that SV等)

(12) マリカはその契約書にサインさせられた。(talk A into (V)ing等)

(13) ナミは私が髭を剃らずに朝食に出てきたのを非難した。(criticize A for B等)

(14) 監獄は犯罪者が再犯を犯すのを妨げるか。(prevent A from (V)ing等)

(15) 彼らは必要だと思うどんな行動も取るように命じられた。(SVOC)