まえがきのしたがき




「前書き」と呼んでも「はじめに」と呼んでもどちらでもいいのですが、本のこの部分には筆者の心の叫びが詰まっています。私も詰めます、詰め込みます。たとえあなたが読んでくれなくても。