「ネオ4技能主義」をぶっ飛ばせ! 英文法を自学自習で学ぶ第一歩の本




「ネオ4技能主義」とは何かは、ぜひこちらをご一読ください。

阿部公彦『史上最悪の英語政策 ウソだらけの「4技能」看板』

私は今回の入試「改革」については次のように考えてきました。

現状でも英文法の指導はかなりいい加減なものになっています。入試「改革」によって、これがさらに加速するのが予想されます。愚かな政策に流されない「当たり」の先生に出会えればいいのですが、こればっかりは「ガチャ」のように運次第です。ガチャならお金さえかければ何度でも引き直せますが…。

「コミュニケーション重視」というお題目で英文法が軽視(もっと言うと無視)される流れは避けられそうにありません。そこで、今回は英文法の自学自習をスタートするのに適した書籍を紹介します。

松永暢史、河原清志『絵で英文法』

著者の松永先生は「教育コンサルタント」で「カリスマ家庭教師」。

河原先生は現在、関西大学大学院・外国語教育学研究科教授です。

家庭教師の先生や塾・予備校の講師が大学教授と手を組んで入門書を書くというのは、私もやりたくてやりたくて仕方がない、本当に素晴らしい本を作るために最適な方法のひとつだと思います。

この本を何度も読み込んだら、次は知識のアウトプットをしましょう。

組田幸一郎『高校やさしくわかりやすい英文法』

組田先生による「はじめに」から一節を引用します。ここに英語学習の本質が凝縮されています。

「スキーと英語は似ています。説明を受ければ、わかった気にはなりますが、それで滑れはしません。英語も、参考書の説明を読めばわかった気にはなりますが、自分で考え、声に出して、そして書いてみなければ、理解はできません。」

まずはこの2冊。この2冊をボロボロになるまでおかしな本に騙されるとお金だけではなく貴重な時間までもが無駄になってしまいます。ですが、正しい努力は裏切りませんこの2冊が「正しい努力」の第一歩です。