センター英語が40点から160点に上がったN君の勉強法




かつて「名古屋予備校」という予備校がありました。
私が予備校講師デビューをした、思い入れの強い予備校です。

そこで出会った2浪のN君。
1年浪人して受けたセンター英語が40点だったという、なかなかの「強者(つわもの)」です。

「先生、俺、どうしても早稲田に行きたいんですよ」

「まじか」

「言われたことは何でもやりますから、合格させてください」

以下に、彼にやってもらった教材を紹介します。

竹岡広信『超基礎がため わかる!英語長文』

これをまず3周やってもらいました。付属のCDは冗談抜きで200回以上聴いてもらいました。

この本は現在、新しいバージョンが出ています。

竹岡広信『竹岡の英語塾 基礎がため 英語長文やさしい講義』

次に、このシリーズを5周読んでもらいました。

かんべやすひろ『超・英文解釈マニュアル』

また、毎日この辞書を肌身離さず持ち歩いてもらいました。

政村秀實『英語語義イメージ辞典』

これらの教材を真面目に取り組んだN君は成績がうなぎ登り。

しかし。

早稲田は駄目でした。

同志社に通うことになりました。

センター英語40点からのスタートで同志社ならものすごく頑張った!

奇跡的な成績向上だ!

立派だ、胸を張っていいぞ!

と励ましたのですが。

「田中の言う通り勉強したのに受からなかった。どうしてくれる!」

と、保護者の方を通じて大変な抗議を受けました……。




1 個のコメント