「短期決戦」向きな英作文本




「入試まで時間がないけど英作文が全然できない」という人向けに、比較的薄かったり読みやすい文体だったり「奇跡」を起こす可能性がなくはないものを以下、紹介します。

長部三郎『伝わる英語表現法』

絶版なので入手はやや困難です。書店ではまず無理です。1度や2度読むだけではこの本の真価はわからないかもしれませんが(私は10回以上読み返していますが、読むたびに新たな発見があります)、読まないよりはマシなはずです。

宇佐美修『英語表現力養成 新・英作文ノート』

こちらはAmazonでは入手困難な状況です。逆にお近くの書店のほうが購入しやすいと思います。安心・安全・安価な日栄社の最高傑作のひとつかも。

松延他『転換発想の英作文』

評価が分かれる本だと思いますが、「劇薬」として用いるのはありだと考えます。

大矢復『英作文講義の実況中継』

定番中の定番です。分量的には上で紹介したものと比べるとかなり多いので、短期決戦には向かないかもしれません。しかし、内容が充実しているのに非常に読みやすい本なので、もしかしたらスラスラ読み込めるかもしれません。




1 個のコメント