孔子(前551頃~前479)




イラストはDYNAさんに描いていただきました。

仁の実現が人のあるべき生き方であるとする孔子は,仁の発露を親子・長幼の間の愛情である考悌に見る。まず身近な者を愛することから始めて,次第に愛情を広く他人へ及ぼしていくのである。さらに,この愛情としての仁の徳が成就するためには,自己の欲望を克服してに従って生きるという自己修養が必要である。この孔子の思想は,中国思想の底流をつらぬく儒家の伝統を形成していくことになる。(センター倫理・1991本試験)

孔子が「人を愛する心」と説いたには,思いやりの性格を見いだせる。孔子は内面的な仁が他者に対して敬う態度として表れたものを礼と呼び,社会を成り立たせるものとして位置づけた。(センター倫理・2010追試験)

センター倫理対策には藤田正勝『理解しやすい倫理』(文英堂)がイチオシです。