竹岡広信『ドラゴン・イングリッシュ必修英文法100』




竹岡先生といえば

『ドラゴン・イングリッシュ』シリーズであまりにも有名ですが、

「基本英文100」

「必修英単語1000」

ばかりに注目が集まっていて、

「必修英文法100」はもしかして、あまり知られていないのではないでしょうか。

私は、この「必修英文法100」こそ、竹岡ワールドの真骨頂だと考えています。

同業者の皆さんは竹岡先生が普段どんなことを教えているのか手っ取り早く知ることができ

この春から竹岡先生の授業を受講しようと考えている受験生の皆さんは、あらかじめ通読しておくことで、スムーズに授業に参加できる思います。

以下、小見出しをいくつか抜粋しておくので、気になるものがいくつもあれば購入なさって損はありません

関係代名詞節の前の名詞の冠詞は?(11頁)

a fewのaって何?(16頁)

furniture「家具」がなぜ不可算名詞なの?(17頁)

どうして〈make+O+原形不定詞〉?(36頁)

「友達」はmy friendでいいの?(52頁)

「パラレルの進行形」って何?(68頁)

if ~を「たとえ~」って訳すのはどのような場合?(104頁)

couldはcanの過去形?(154頁)

「仮定法」って「事実の逆」なの?(166頁)

aliveのaって何?(190頁)

no more ~ thanって常に否定的な意味になるの?(217頁)

文庫版もあります