エピクロス(前341頃~前270頃)




イラストはDYNAさんに描いていただきました。

紀元前3世紀にゼノンによって創始されたストア派は,宇宙は万物の根源が自らの理法に従って自己展開したものであるから,宇宙の一部である人間も,理性に従うことで理法と一致した生き方をすべきであると主張した。また,彼らはそのような考え方に基づき,社会のあり方についても言及し,世界市民主義を唱えた。(センター倫理・2014本試験)

ギリシアの思想家ゼノンとエピクロスは,学派こそ異なるものの,心の平静に理想の境地を求めたという点では共通していた。ゼノンは様々な情念や外部からの影響に乱されないアパテイアという状態を提示し,エピクロスアタラクシアを説き,公共的生活を離れて「隠れて生きよ」と言った。(センター倫理・1997追試験)

センター倫理対策には藤田正勝『理解しやすい倫理』(文英堂)がイチオシです。